· 

8/18(水)宇都宮市創造都市研究センター高大接続フォーラム2021を開催しました

 宇都宮市創造都市研究センターは、8月18日(水)に「宇都宮市創造都市研究センター高大接続フォーラム2021」を、宇都宮共和大学宇都宮シティキャンパスにおいて開催しました。

 

 本フォーラムは、宇都宮市内の高校生を対象に、地域の大学への進学や郷土としての宇都宮市について理解を深めることをとおして、宇都宮市内での高大接続のあり方について考えることを目的としたものです。

 

 当日は、宇都宮短期大学附属高等学校、宇都宮文星女子高等学校、作新学院高等学校から計11名の高校生が参加しました。また、当センターの4大学連携ゼミであるアントレプレナー研究グループに所属する大学生も参加しました。

 

 当センターの長島重夫(文星芸術大学地域連携センター長)より開催の挨拶を申し上げた後、宇都宮市内の4つの私立大学の概要を各大学から説明しました。次に、杵渕 壮氏(宇都宮市教育委員会事務局学校教育課・指導主事)より、「なぜ、『宇都宮学』なのか? ~宇都宮の魅力再発見~」と題してご講演いただきました。ここでは、宇都宮市が郷土愛の醸成を目的として、本年度から市内全小中学校で取り組んでいる「宇都宮学」の紹介と、その意義についてわかりやすくお話しいただきました。

 

 この講演を受け、宇都宮市の魅力や郷土教育の必要性について、高校生と大学生が自身の考えを1人ずつ述べました。参加した高校生からは、「地元には何もないと思い、将来的には都会へ移りたいと考えていたが、宇都宮学の講話を聞いて地元の魅力について考えることができた」といった感想が聞かれました。最後に、佐山明示氏(栃木県教育委員会事務局高校教育課・指導主事)より、講評を頂戴いたしました。

 

 閉会にあたり、当センターの長島より、参加した高校生に認定証を手渡しました。

 

 なお、本フォーラムの開催にあたりまして、検温・消毒の実施、座席の指定、また出席者数を会場の収容定員の半数未満にしました。

 

<写真>

1枚目:宇都宮市学校教育課 杵渕指導主事による講演  2枚目:講話を受けた各自の考えの発表   3枚目:認定証の授与

宇都宮市創造都市研究センター 事務局

〒320-0802 栃木県宇都宮市江野町10-4

      宇都宮市まちづくり交流センター イエローフィッシュ内

 

※当センターへの郵便物等はこちらにお送りください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央 3丁目1番4号

      栃木県産業会館2階 宇都宮まちづくり推進機構 気付

TEL 028-632-8215  FAX 028-636-7421

E-mail create@rccc-utsunomiya.org